親切・信頼・安心の医療
このページのトップへ
Image

頭痛

img

頭痛とは頭が痛いと感じる症状の総称です。
危険な病気が潜んでいることがあります。

頭痛の代表は片頭痛や緊張性頭痛です。この頭痛は一般人の2~3割にみられ、頭痛の大半を占めます。
しかし、突然おこるもの、程度の激しいもの、嘔気・嘔吐を伴うもの、また何らかの神経症状を伴うものは、危険な病気が潜んでいることがあります。急いで受診しましょう。

受けるべき検査

CT検査・MRI検査・血管造影検査など


めまい・ふらつき・耳鳴り

img

めまいやふらつきはさまざまな病気や病状でおこります。

めまいの多くは耳の半規管の障害によるもので、耳石の異常やウイルス性の障害などでおこります。
その他には血圧が不安定であったり、不整脈でおこることもあります。
しかし、ふわふわと浮く感じやふらつきなどは脳卒中や脳腫瘍など脳に大きな病気が原因の場合もあります。
症状が繰り返す場合やふらつきが強い場合、何らかの随伴症状がある場合には、速やかに受診しましょう。

受けるべき検査

CT検査・MRI検査


顔や手足のしびれ・痛み

img

脳・脊髄といった中枢神経や手足の末梢神経のどこに異常が起きてもおこる症状です。

手足の感覚障害は主に脊髄や末梢神経の障害でおこりますが、脳の障害でおこることもあります。手足がしびれる、だんだんしびれや痛みが強くなる場合は、脳神経の専門医に受診しましょう。
また、顔の麻痺(笑うと左右がゆがむなど)は脳腫瘍や外傷、感染などでおこります。なるべく早く受診しましょう。

受けるべき検査

CT検査・MRI検査・採血


顔面けいれん

img

顔面がピクピクと痙攣する病気です。重症になると痙攣が持続し、顔がゆがむことがあります。

症状が軽いうちは目の周りだけですが、進行するにつれ顔全体が痙攣するようになります。
頭蓋内の延長や蛇行した血管が神経を圧迫していることが原因とされますが、腫瘍などの場合もあります。

受けるべき検査

CT検査・MRI検査


歩行障害

img

足に麻痺がおこると麻痺のあるほうの足に力が入らず、体が傾いてうまく歩くことができなくなったり、普段と違う歩き方をするようになります。

歩行状態を確認し、変形性関節症(膝、股)や腰椎症、パーキンソン症候群などによる歩行障害を鑑別します。さらに、歩行速度などを評価します。
その他、歩行障害の原因になるような運動麻痺などがないかどうか、神経学的所見を確認します。

受けるべき検査

CT検査・MRI検査・レントゲン


物忘れ

img

認知症かな?と思ったら一度検査を行うことをお勧めします。

物忘れには「加齢による物忘れ」と「認知症による物忘れ」があります。
また、認知症の症状があっても、元の病気を治療すれば症状が軽減、改善することがあります。
しかし、脳の神経細胞が壊れることで起こる記憶障害、理解・判断力の低下により身の周りで起こっている現実の物事を正しく認識できなくなる症状や、本人がもともと持っている性格、環境、人間関係などさまざまな要因がからみ合って起こるうつ状態や妄想のような精神症状を引き起こす場合もあります。

受けるべき検査

CT検査・MRI検査


ふるえ、けいれん

img

手足をガクガクと大きく震わせる発作です。

脳の一部に損傷が起きて、脳が異常な指令を出すために発作がおこります。
目は白目をむき、歯をくいしばり、手足を強く曲げた状態から徐々に手足を伸ばし、ガクガクと筋肉が引きつるような震えの発作になります。
けいれん発作がでた場合は病院を受診しましょう。けいれんが持続する場合は、救急車を呼びましょう。

受けるべき検査

CT検査・MRI検査・脳波


ろれつがまわらない

img

言葉が言いにくかったり、思うように話せなかったり途中の言葉が抜けたりします。

急にろれつがまわらず、何を喋っているか聞き取りにくいかったり、話をしている最中、思ってる言葉が出てこないなどの症状があったら要注意です。
一時的な脳の血流障害(一過性脳虚血発作)を疑う必要があります。早めの受診をお勧めします。
また、舌の動きが悪くなるとろれつがまわらなくなります。また、唇の動きが悪くてもしゃべりにくくなります。なかには、頭で考えてわかっているのに言葉にしようと思うとでてこないという場合もあります。
まず、どこが悪くてしゃべりにくいのかを見極める必要があります。

受けるべき検査

CT検査・MRI検査


二重に見える・視力低下

img

両目で見ても片方の目で見ても視野が半分欠けていたり、物が二重に見えることがおこります。

運動麻痺がなく、感覚障害もないので目の病気と勘違いして、眼科を受診してしまうことがありますが、脳の病気でおこることもあるので、脳神経科も受診しましょう。

受けるべき検査

CT検査・MRI検査


その他の症状

こういった症状も、念のため診察を

  • ものをよく取り落とす
  • 文字が書けなくなった
  • 箸がうまく使えなくなった
  • 言葉が思い浮かばない
  • 片側の顔面がピクピクする
  • 言葉がでない
  • まっすぐ歩けない
  • よくつまずくようになった
  • 立ち上がりにくくなった
  • 意識がなくなることがある
  • 腰・おしり・足の痛み
  • ご家族・親戚のなかに、くも膜下出血の方がおられる

このような症状もあたまの病気が原因となることがあります。気になる症状はぜひご相談下さい。


お問い合わせへ

いきなり外来に行くのはどうもという方は、メールでもご相談を受け付けます。 すでに他の病院などで治療中の方でセカンドオピニオンを希望される方もぜひ一度ご連絡下さい。