理事長ご挨拶
院長プロフィール
病院案内
診療案内
院内施設案内
検査について
入院について
こんな症状は危険信号
脳疾患あれこれ
手術についてのQ&A
一ノ宮脳神経外科病院
〒877-0041
大分県日田市竹田新町2-48
診療時間【平日・土】
午前9:00〜12:00
午後2:00〜5:00 
お電話でのお問合せ
メールでのお問合せ
脳疾患あれこれメインページ
脳卒中脳腫瘍頭を打ったその他
「こどもが転んで頭を打った」「酔っ払って電柱にぶつかった」「野球のボールが当たった」などなど、頭部打撲に関する相談も多く受けます。 電話で状況をうかがっただけでは、正確な診断は出来ません。打った直後は何ともなくても、数日後に突然症状が悪化し、死に至るケースもあるため油断は禁物です。
少しでも心配がある時には、受診されることをおすすめします。
言葉を話せない小さいお子さんの場合、どんな症状があるのか尋ねなれないため、親御さんは不安になります。 頭を打った直後から大泣きし、体も良く動かして、その後機嫌もいいようなら、ほとんど心配はありません。水分を多めにとらせて様子を見ましょう。 ぐったりしている、けいれんを起こしている、吐く、傷口からひどく出血しているなど、いずれかの症状がある場合には緊急を要します。すぐに診察を受けさせてください。 表面的には大丈夫でも骨にひびが入っていることがあります。すると、そこを通る血管が切れ、後になって出血する場合もあります。骨折や小さい出血がないか、しっかりと確認して下さい。

大人の場合は、本人からいろいろ情報を得られるため、診断しやすくなります。 交通事故やスポーツの事故で頭を打ったら、激しい頭痛、吐き気、前後の記憶喪失、手足に力が入らない、しびれがある、目の見え方がおかしい などの症状があれば、速やかに受診してください。そういう症状が一切なければ、しばらく様子を見てください。 お年寄りや良くお酒を飲む方は、慢性硬膜下血腫に注意が必要です。軽く頭を打っただけでもゆっくりと出血しその血の溜りが脳を圧迫します。この場合、数週間後に症状が表れます。 症状としては、頭痛や手足の麻痺、失禁、言葉が出にくいなど。脳梗塞や痴呆の症状と似ているため、間違われることもあります。 急にこんな症状が出てきたときもご注意ください。

頭部外傷後に一時的な意識障害を起こす。脳には損傷のない状態。
頭部外傷による頭の骨折。
頭部外傷による脳実質の損傷。
頭部外傷後、数週間〜数カ月かけて、脳をおおう硬膜とその下のクモ膜の間に血が溜まる。
頭部外傷後、頭蓋骨と脳をおおう硬膜の間に短時間に血が溜まる。
頭部外傷後、硬膜の下に短時間に血が溜まる。
頭部外傷によってクモ膜の下に出血する。
脳卒中脳腫瘍頭を打ったその他